ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

電磁波障害対策室電磁波試験測定装置

機器番号 89
機器分類 電気・電子測定機器
メーカー名 東陽テクニカ
型番等 TS9949−2
装置概要 測定距離3mの小型簡易電波暗室、及びEMC試験機器。  主な測定内容は、雑音電界強度測定(9kHz〜1GHz)、雑音端子間電圧測定(9kHz〜30MHz)、放射・伝導イミュニティ試験。
主な仕様 放射イミュニティ試験:80MHz〜4GHz   伝導イミュニティ試験:150kHz〜80MHz
研修レベル 2
使用料(1時間当たり) 5,170円
装置写真 機器の写真

※指導員の指導を受けて機器を利用する場合は、使用料の他に指導料が1時間あたり2,460円かかります。
※一部の機器は、事前に研修を受ける必要があります。詳しくは、研修の受講方法をご覧ください。
※機器の利用時に必要となる一部の消耗品については、使用量に応じて実費精算できます。詳しくは、消耗品精算をご覧ください。