ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

マグネシウム蓄電池の研究会の公募について(募集)


 埼玉県産業技術総合センター(略称 SAITEC)では、マグネシウム蓄電池の 研究開発を行っています。この度、同蓄電池の早期実用化を図るため「マグネシウム蓄電池の研究開発」と「マグネシウム蓄電池を活用する製品の研究開発」 の2つの研究会を立ち上げることとし、会員を募集します。

1.募集内容

  • (1)マグネシウム蓄電池実用化研究会 (※本研究会は募集を終了しました)

     SAITECで研究開発を行っているマグネシウム蓄電池の更なる性能向上、 安全性の確認、製造方法の検討など、実用化に向けた蓄電池の研究開発を行う研究会です。

    ○ 応募要件
    次のいずれかの要件を満たすグループもしくは企業であって、いずれの企業も日本国内に 登記簿上の本店及び本社を有する企業(応募する企業の親会社の本社が海外の場合も除きます)。
     @電池を製造することができる複数企業から成るグループ
     A自社のみで電池を製造することができる企業
     B電池の電極、電解液、セパレーターのいずれか若しくは複数要素を自社で製造することができる企業
     C電池の電極、電解液、セパレーターの修飾、高機能化を自社で実施できる企業


    (2)マグネシウム蓄電池活用製品研究会

    SAITECで研究開発を行っているマグネシウム蓄電池を活用する製品の研究開発を行う研究会です。

    ○ 応募要件
    次のいずれかの要件を満たす県内企業であること。
    @マグネシウム蓄電池を活用する製品の開発、製造、販売を行おうとする企業
    A@の企業を支援する企業


2.参加費

  • ・いずれの研究会も無料
     ただし、研究開発費など研究会活動を行うにあたり必要な費用は各会員の負担となります。

3.研究会活動について

  • (1)契約について

     研究会活動を行うにあたり、SAITECと秘密保持契約を交わしていただきます。

    (2)活動内容について

     SAITECで開発したマグネシウム蓄電池の早期実用化に向けた研究会であるため、 当該マグネシウム蓄電池の説明は行いますが、蓄電池の一般的な仕組みや専門用語 等の解説等は行いませんので、ご了承ください。

4.お申し込み・お問い合わせ先


5.その他

>