ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第53回埼玉県鋳造技術コンクールの結果


「第6回埼玉県鋳造技術コンクール(軽合金)」の結果はこちら

 鋳造(*1)技術の向上は、企業個々の不断の努力と研鑽が重要であり、昨今の諸外国の追い上げや経済環境の急激な変化等によりその重要性は益々高くなってきています。

 埼玉県鋳造技術コンクールは、鋳物製造技術の更なるレベルアップを目的に埼玉県と川口鋳物工業協同組合が共催しています。今年で53回目になり、ねずみ鋳鉄(*2) 部門12作品(含 参考出品1作品)、球状黒鉛鋳鉄(*3)部門12作品(含 参考出品1作品)の参加により競われました。今回の課題は、「名称:キャリア」で、 直径200mm、高さ60mmの大きさです。

 出品作品の評価は、審査委員が鋳造方案(鋳造品の作り方)の適切さ、製品の出来栄え、材質、寸法の正確さ、歩留り(全鋳込み重量に対する製品部の重量比)の高さなどの観点から行いました。審査の結果、入賞した作品の製造企業はつぎのとおりです。


(*1)鋳造とは・・・ 溶かした金属を型に流し込み、冷やして固める製法で、複雑な形状のものも比較的容易に作れるのが特徴です。鉄の場合、融点を下げて鋳物を作りやすくするために黒鉛を3〜4%程度添加した「鋳鉄」が広く使われています。
本コンクールでは黒鉛形状の異なる2種類の鋳鉄部門で競技を行っています。
(*2)ねずみ鋳鉄とは・・・ 片状黒鉛鋳鉄ともよばれる一般的な鋳鉄です。破面の色からこの名で呼ばれています。近年は工作機械の本体やエンジンブロックなどに利用されていますが、昭和39年の東京オリンピックの際には、国立競技場の聖火台が川口の鋳物師によってこの鋳鉄で作られました。
(*3)球状黒鉛鋳鉄とは・・・ 黒鉛形状を球状に処理し、強度や延性を改良した鋳鉄で、ダクタイル鋳鉄とも呼ばれます。強度の必要な自動車部品や水道管に使用されています。東日本大震災では耐震継手型ダクタイル鋳鉄の水道管の被害が極めて少なかったことが報告されています。


評価のポイント

鋳造コンクールでは主に下記の点で審査を行っています。

材  質 要求どおりの強度があるか(引張強度・硬さ
形  状 要求どおりの寸法にできているか(寸法精度
外  観 有害な割れや傷がないか(出来栄え
設  計 上記要求事項を満足する設計がされているか(鋳造方案・歩留り


ねずみ鋳鉄部門の結果

賞名事業所名
埼玉県知事賞富和鋳造 株式会社
埼玉県産業労働部長賞東洋鋳工 株式会社
川口鋳物工業協同組合理事長賞株式会社 辻井製作所
川口市長賞株式会社 大六鋳造
一般社団法人 日本鋳造協会会長賞不二工業 株式会社
一般財団法人 素形材センター会長賞永井機械鋳造 株式会社
公益財団法人川口産業振興公社理事長賞株式会社 マスセイ
川口機械工業協同組合理事長賞不二工業 株式会社
川口木型工業協同組合理事長賞前澤工業 株式会社
新日鐵住金株式会社社長賞吉村工業 株式会社
ねずみ鋳鉄部門上位入賞作品の写真 [PDF]


球状黒鉛鋳鉄部門の結果

賞名事業所名
埼玉県知事賞株式会社 永瀬留十郎工場
埼玉県産業労働部長賞株式会社 辻井製作所
川口鋳物工業協同組合理事長賞株式会社 マスセイ
川口市長賞株式会社 永瀬留十郎工場 櫛引工場
川口商工会議所会頭賞株式会社 大六鋳造
一般財団法人 川口工業会館理事長賞永井機械鋳造 株式会社
川口鋳物技術センター委員長賞株式会社 椿本鋳工
埼玉鋳物技能士会会長賞富和鋳造 株式会社
株式会社神戸製鋼所社長賞新井産業 株式会社
神鋼商事株式会社社長賞前澤工業 株式会社
球状黒鉛鋳鉄部門上位入賞作品の写真[PDF]